THINK ANYTHING

THINK ANYTHING - なんでも考えます

「咳をしても一人」 尾崎放哉の自由律俳句が面白すぎる 大正時代のツイッター?

「咳をしても一人」

 

この句はすごく有名なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

実はこれ、自由律俳句の天才・尾崎放哉という人物が残した句なのです。

 

私は尾崎が大好きで、岩波文庫の句集をしょっちゅう読んでいます。

 

そもそも、自由律俳句とは一体何なんでしょうか?

 

「自由律俳句(じゆうりつはいく)とは、五七五の定型俳句に対し、定型に縛られずに作られる俳句を言う……口語で作られることが多いのも特徴」とWikipedia先生は言っています。

 

作品を読むと、なんだかツイッターみたいなんですよね。すごく自由に書いてある。

 

でも、「自由律俳句はあくまで定型から自由になろうとすることによって成立する俳句であり、したがって単なる一行詩がそのまま自由律俳句となるわけではない」らしく、なんだかルールがあるようです。

 

「自分にも書けそう!」と思ってしまいがちですが、やはり「プロ」でなければ表現できない領域なのでしょう。

 

では、本題です。

 

尾崎放哉って誰? どんな人?

 

 

f:id:ryonkns:20160902134001j:plain

邑美郡吉方町(現在の鳥取市吉方町)に生まれる。本名秀雄。自由律俳句の最も著名な俳人のひとり。鳥取一中(現在の鳥取西高校)入学頃より句作を始め、校友会雑誌『鳥城』への投稿を行う。第一高等学校東京帝国大学とエリートコースを歩みながらも、大正12年(1923年)からは仕事も家族も捨てて各地を転々とするが、小豆島の南郷庵で没する。この間に発表された作品は多くの人の心をとらえ、熱烈なファンが多い。

 (画像、紹介文ともに出典は尾崎の出身地・鳥取県鳥取県立図書館HPより→https://www.library.pref.tottori.jp/information/cat4/cat18/post-9.html

 

また、Wikipediaによると、

 

東京帝国大学法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命保険)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。その後、寺男で糊口(ここう)をしのぎながら、最後は小豆島の庵寺で極貧の中、ただひたすら自然と一体となる安住の日を待ちながら、俳句を作る人生を送った。クセのある性格から周囲とのトラブルも多く、その気ままな暮らしぶりから「今一休」と称された。その自由で力強い句は高い評価を得、代表的な句に、「咳をしても一人」などがある。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E6%94%BE%E5%93%89

 

こう見ると、だいぶ「変人」ですよね。「変人」すぎて、その人生に興味を惹かれます。

 

こんな「変」な経歴の持ち主ですので、その作品群も非常に面白いものが多いんです。

 

ぜひ尾崎の魅力を知っていただきたい! と思い、この記事を書いています。

 

なので今回は、カテゴリーに分けて尾崎の自由律俳句を紹介していきたいと思います。

 

①孤独・困窮

尾崎はすごく孤独な人でした。それに、晩年は「清貧」な生活を送っていたようです。孤独や貧しさを詠んだ句は、一人で寂しいときに読むと胸に刺さります。

こ ん な よ い 月 を 一 人 で 見 て 寝 る
め し た べ に お り る わ が 足 音
寂 し い ぞ 一 人 五 本 の ゆ び を 開 い て 見 る
爪 切 る は さ み さ へ 借 り ね ば な ら ぬ
一 人 分 の 米 白 々 と 洗 ひ あ げ た る
二 階 か ら 下 り て 来 て ひ る め し に す る 
こ ろ り と 横 に な る 今 日 が 終 つ て 居 る 
お 粥 煮 え て く る 音 の 鍋 ふ た
爪 切 つ た ゆ び が 十 本 あ る
墓 地 か ら も ど つ て 来 て も 一 人
立 ち 寄 れ ば 墓 に わ が か げ う つ り

 

言葉は要りませんね。すごいです、この境地は。

 

②家族・人間関係

尾崎に家族などがいたのかどうかはよく分からないのですが(知っている人がいたら教えてください)、尾崎には人間関係について詠んだ句もあります。

ぢ っ と 子 の 手 を 握 る 大 き な わ が 手
あ ら し の 中 の ば ん め し に す る 母 と 子
窓 あ け た 笑 ひ 顔 だ

 

孤独とはいえ、人のことは嫌いではなさそうです。人間をよく観察しているようですね。

 

③色恋・性

尾崎は、女性が本当に好きだったみたいです。

女 乞 食 の 大 き な 乳 房 か な 
す ば ら し い 乳 房 だ 蚊 が 居 る
髪 の 美 く し さ も て あ ま し て 居 る
女 よ 女 よ 年 と る な

 

どストレートですよね。少し変態チックです。

 

④インテリ

そんな「エロい」尾崎ですが、本来はすごく優秀な人なんです。

田 舎 の 小 さ な 新 聞 を す ぐ に 読 ん で し ま つ た
言 ふ 事 が あ ま り 多 く て だ ま つ て 居 る
新 聞 ば か り 勉 強 し て 電 車 に 乗 つ て る  

知的で物静かな人という印象です(けっこう人からは嫌われていたみたいですが)。

 

⑤ロマンチック

ここが尾崎のすごいところなんですが、やはり文学的才能に満ち溢れていて、感性がすごく鋭いんです。

花 火 が あ が る 音 の た び 聞 い て ゐ る 
海 が 少 し 見 え る 小 さ い 窓 一 つ も つ
今 夜 も 星 が ふ る や う な 仏 さ ま と 寝 ま せ う

情景が思い浮かぶようです。これぞ文学。

 

⑥ミステリアス

尾崎は感性が鋭すぎて、「変」なところに目がいくようです。「どんな状況だよ!」とツッコミたくなるものも多数あります。

片 目 の 人 に 見 つ め ら れ て 居 た
片 つ 方 の 耳 に な い し よ 話 し に 来 る
入 れ も の が 無 い 両 手 で 受 け る

よ い 処 へ 乞 食 が 来 た

墓 の う ら に 廻 る
生 卵 子 こ つ く り 呑 ん だ 
吹 け ば と ん で し ま つ た 煙 草 の 灰

サンドウィッチマン的に言うと「ちょっと何言ってるかわかんない」。

 

⑦ユーモア

ユーモアのセンスもあったみたいです。

鼠 に ジ ヤ ガ 芋 を た べ ら れ て 寝 て 居 た
め し 粒 が 堅 く な つ て 襟 に 付 い て 居 つ た 
箸 が 一 本 み ぢ か く て た べ と る
す ぐ 死 ぬ く せ に う る さ い 蠅 だ 
禿 げ あ た ま を 蠅 に 好 か れ て 居 る 
き か ぬ 薬 を 酒 に し よ う

クスッとしてしまいますね。

 

⑧動物愛

私は動物が死ぬほど好きなのですが、尾崎も動物大好き人間だったようです。

雀 の あ た た か さ を 握 る は な し て や る 
犬 よ ち ぎ れ る 程 尾 を ふ つ て く れ る 
朝 早 い 道 の い ぬ こ ろ 
い つ し か つ い て 来 た 犬 と 浜 辺 に 居 る
迷 つ て 来 た ま ん ま の 犬 で 居 る
わ が 眼 の 前 を 通 る 猫 の 足 音 無 し 
屋 根 の 棟 に 雀 が 並 ぶ あ ち む く こ ち む く
猫 の 大 き な 顔 が 窓 か ら 消 え た 
犬 の お 椀 に 飯 が 残 つ て 居 る
縁 の 下 か ら 猫 が 出 て 来 た 夜 

めちゃくちゃ親近感がわきます。動物好きに悪い人間はいません!

 

⑨老い

天才・尾崎も、老いには勝てなかったようで、若い人を羨んだり、自身の肉体について嘆いたりしています。

た ま ら な く 笑 ひ こ け る 声 若 い 声 よ
肉 が や せ て く る 太 い 骨 で あ る

なんかすっかりおじいちゃんです。

 

 

 

以上、9つのカテゴリーに分けて、尾崎の句を紹介しました。

 

正直、尾崎が到達した句境は、私たち常人には理解できないかもしれません。

 

「悟り」に近かった(あるいは「悟り」を開いていた?)と言えるでしょう。

 

そんな尾崎のことばに耳を傾け、私たちも「悟り」に一歩でも近づけるといいですね。

 

私からは以上になります。

 

それでは、お先します。

 

 

※引用はすべて

池内紀編『尾崎放哉句集』(岩波文庫

より。